ACTの歴史

1992 9月21日アビリティクラブたすけあい設立総会
「自立援助サービス」「自主共済・アビリティ共済」制度開始
会員数450人、たすけあいワーカーズ5団体でスタート
1993 ACTコーディネーター養成講座スタート(年10回、以後毎年開催)
1996 ACTコーディネーター制度導入
1997 「ワーカーズコレクティブまつり」都庁で東京ワーカーズと共同開催
ACT5周年記念イベント開催「介護が地域に息づく」
1999 特定非営利活動法人格取得(2000年1月)、法人登記
NPO・ACT指定居宅介護支援事業所を開設
2000 公的介護保険制度に参画
2002 ACT10周年記念イベント開催「生きること 出会うこと 次世代に」渋谷から青山をパレード
2003 初の出版「だいじょうぶ だいじょうぶ たすけたすけられる痴呆の人のケア」
2005 「認知症模擬演技者による支援プログラムづくり」(後のSPSD研究会)が認知症介護研究・研修センター主催の「認知症でもだいじょうぶ町づくり」キャンペーン2005の特別表彰を受ける
2006 ACT住まい・居場所づくり基金制度の創設
認知症を抱える家族を支える研修DVD「認知症の人の心を感じて」を制作、発表
2007 ACT15周年記念上映会開催「終わりよければすべてよし」
2008 第10回総会基調講演「まちの縁側は、新しい小さな公共空間」延藤安弘氏(愛知産業大学大学院教授)
ACT15周年記念シンポジウム開催「自分らしく在宅・地域で暮らしつづけるために」
アビリティ共済、自主共済から少額短期保険へ移行
認知症DVD第2弾「認知症そのこころの世界」を制作、発表
2009 ケア者の「ケア」について考える本「ケア者ノート」出版
2010 第3次中長期計画「ACT安心ネットワーク構想」のACTの見える化を推進(継続中)
独立行政法人福祉医療機構(WAM)の助成金を受け、
「ケア者ノート」をDVD化し「ケアする人を支えるために」を制作、発表
2011 3月11日の東日本大震災を経て被災地への支援活動を開始(継続中)
2013 ワーカーズ・まちの縁がわ 5ワーカーズに
41番目のたすけあいワーカーズ「パラソル」誕生